Waphytoについて

Our Story

Waphytoについて

01植物バイオメソドロジー

フランスで体系化されたフィトテラピーと、日本で確立した本草学。このふたつの叡智をベースに、人と自然を密接に結ぶフィトテラピーの進化系として誕生。植物療法の第一人者である森田敦子監修のもと、地質学や農学、薬学にフィトサイエンスのエキスパートたちの協力によって実現しました。

Learn More

02一生をつややかに。
100年時代の美しさへ

森田敦子は、フィトテラピーが女性のさまざまなライフステージにおいて不可欠であると考えています。産前産後のデリケートゾーンケアや更年期、介護世代のケアなど、長年にわたる経験を踏まえ、みつめる先にあるのが100年時代という現実。
Waphytoのラインナップは誕生から豊かなライフステージに寄り添うスキンケアやボディケア、ヘアケア、デリケートゾーンケア、ベビーケアからインナーへのアプローチまで。今後は、人生の最終章をつややかに迎える介護サポートまでを視野に入れ提案していきます。

03人と環境、大地への想い。
Waphytoが約束する4Es

Elemental(自然由来の機能性植物原料にこだわり、環境負荷の少ない処方に)、Environmental(環境負荷の少ない容器や販促物を選択)、Ethical (トレーサビリティも明確に。生産者の持続可能な生活向上を支える仕組みも確立)、 Empowerment(女性がより自立し、輝く社会を支援)の “4つのE” でクリーンビューティーを約束します。

Learn More

04東三河とともに。
土壌から見直す植物の可能性

日本最長の断層帯である中央構造線上に位置し、地球上でもっともエネルギーあふれる場所のひとつとして知られる東三河地方。この地を代表する徳川家康は、本草学を学んだ名武将。
戦国の世でありながら、健康長寿をまっとうできたのは、植物の宝庫、東三河という土壌のおかげです。Waphytoは、地質学や農学、薬学のエキスパートが認めた安心安全、最高品質の植物原料をサステナブルに確保するため、肥沃な土壌を誇る東三河を拠点に選びました。また、この地を守る人々とともに、豊かで美しい未来を創世し続けます。

Founder

Waphytoは、母なる大地のような存在であり続けたいと願い、
森田敦子は生まれ育ったこの地でブランドを誕生させました。
東三河の植物の力で、つややかな肌と潤うからだへ。
美しい100年時代を生き抜くために、より豊かで充実したライフケアをサポートしていきます。

フィトテラピーが日本に根付く20年以上も前に、パリ13大学医薬学部で植物療法を学び、日本での普及に尽力する第一人者。帰国後は植物バイオ研究に関わり、数々の賞を授与。また、AMPPフランス植物療法普及医学協会認定校「ルボア フィトテラピースクール」の運営に着手するなど、植物療法の普及に努める傍ら、人生100年時代を見据え、産前産後や介護の現場を通じて女性の健康をトータルにサポートする可能性を探求。

森田敦子

植物療法士

森田敦子|Atsuko Morita